尿漏れが頻繁に起こっているなら専門病院を訪ねよう

看護師

優れた医薬品を処方する

病院

代表的な症状を知りたい

梅毒はかつての日本では、不治の病と言われており、恐れられていた性病のひとつですが、現代は優れた治療薬が開発されているため、重症化する人は減少しています。性行為が原因で感染する病気ですが、キスでも感染する可能性があります。皮膚の小さい傷から病原菌が侵入してきて、一定期間の潜伏期間を経てから、口や性器周辺、皮膚、肛門などに痛みのないしこりが見られます。症状が進行してくると、皮膚にピンク色の発疹などが見られるようになります。梅毒が疑われる場合は性病科や泌尿器科などに通院をして、検査を受ける必要があります。病気が診断されたら、経口ペニシリン薬を処方してくれるので、2週間から4週間程度は服用を続ける必要があります。

定期的に通院をしましょう

梅毒は若い年代の女性や、中高年の男性に感染者が増えており、感染を防ぐためには、複数の異性と性行為を持たないようにする必要があります。梅毒を予防するためには、コンドームを装着させる必要がありますが、完全に防ぐのは難しいため、気になる症状が見られる時は、専門医に相談をすることが大切です。内服薬を一定期間服用したら、定期的に通院をして治癒をしているか、診断をしてもらう必要があります。性病科や泌尿器科に行くのに抵抗を感じている人もおられますが、放置をすると悪化してしまうため、早めに治療を受ける必要があります。デリケートな問題なので、プライバシーは厳守してくれますし、体に負担の少ない検査が受けられるので安心して下さい。